Faith of Esther の活動について

Faith of Esther(以下FOE)は、宗教法人「小牧者訓練会」による被害を受けた 女性達の一部が、エステル記4章14〜16節の御言葉から、信仰によって立ち上がり、 言うべきことを言い、なすべきことをなす、と決断したことに始まります。 彼女たちの保護および癒しと回復のために早く何かをしなければならないと感 じた人々と一部の被害者とで、2008年12月14日に活動をスタートしました。

先ずFOEは、二次被害、三次被害を防ぐため、また、事実をお伝えするために、開 設したホームページに経緯などをお知らせしてきました。 その結果、牧師の方々はじめ多くの方々のご協力の中、事実を伝えることがで きました。

裁判が始まろうとする中、裁判を支援し裁判を通して世に真実を訴えることを 目的とする「モルデカイの会」が本格的に活動を開始しました。

これを機に、裁判に関することは、「モルデカイの会」にゆだねました。

そして、FOEは、性的被害に限らず、宗教法人「小牧者訓練会」(国際福音キリスト教会)により 被害を受けた人たちの癒しと回復のため、その活動を広げていくために生まれ変わりました。


これまでの声明

訴状をうけての声明 (2011/06/18)

2011年5月30日、宗教法人「小牧者訓練会」の代表者卞在昌が、
名誉毀損、不当訴訟、虚偽告訴による損害賠償請求などの訴状を東京地方裁判所に提出。 これにより、裁判所より口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状が届いたことを受けて、 FOE代表より、声明が発表されました。

  本文はこちら


卞在昌宣教師起訴をうけての緊急声明 (2010/02/17)

2010年2月17日、宗教法人「小牧者訓練会」の卞在昌宣教師が、
準強姦罪の疑いで起訴されたことを受けて、 FOE代表より、声明が発表されました。

「今も国際福音に集う方々とのコンタクトについて」  本文はこちら



卞在昌宣教師逮捕をうけての緊急声明 (2010/01/28)

2010年1月28日、宗教法人「小牧者訓練会」の卞在昌宣教師が、
茨城県警捜査1課とつくば中央署に、準強姦の疑いで逮捕されたことを受けて、
FOE代表より、声明が発表されました。

全文はこちら


| ページTOPへ |